映画

元映画館スタッフが選ぶ本当に面白い洋画100選 part1

ミッドナイト・イン・パリ

僕はウディ・アレン作品とあまり相性が良くないのですがこれは本当にお洒落で面白かったです。

ある日突然過去のパリへタイムスリップしてしまい、ダリを始めとする偉人と会うっていうのが超簡潔なあらすじなのですが、そのファンタジーな感じが個人的にドストライクでした。

僕と同じようにウディ・アレン作品はあまり合わないって思っている方もこれだけは見てほしいです!

ウォールフラワー

冴えない男子学生にイケてる上級生の友達ができて学園生活を謳歌するお話。

と簡潔にまとめましたが、過去のトラウマなど一筋縄ではいかない部分もあります。
これは実際に見て確かめてほしいですね。

上級生役を演じるのがハーマイオニーでお馴染みのエマ・ワトソン、ファンタビのクリーデンス役でお馴染みのエズラ・ミラーです。

彼らが本当に魅力的でこん先輩がいたら学校生活がより一層楽しくなるんだろうな~と思いながら見ていました。

ミスター・ノーバディ

これはストーリーを纏めるのが難しいのですが

科学の進歩で永遠の命を持つようになった世界、最後の死に行く人間が主人公のニモです。

彼の過去を回想していくのですが、文字通り一本道ではないんですよね。

彼は様々な記憶を持っており、、、

もうこんがらがりそうなので取りあえず見てください(笑)

はじまりのうた

クソな彼氏役でMaroon5ボーカルのアダムレヴィーンが出演しています。

クソだけどかっこいい。

音楽を通じて人生の再出発を図る彼女がとても輝いています。

マークラファロがハルクに変身しないかだけ気がかりでした(笑)

フォードvsフェラーリ

実話を基にした映画。とにかく熱い、熱いです。

僕もF1はそこまで詳しくはないのですが、エンジンの唸る音とかかっこいいなーと素人ながらに楽しめました。

ですがやはり死と隣り合わせの仕事なんだなというのを思いしらされました。

素晴らしき哉、人生

恐らく今回唯一の白黒映画です。

あるクリスマスの日に起きた奇跡を描いた作品です。

無駄な人なんて一人もいない、みんな何らかの価値があるんだ、そう思わせてくれる作品です。

良い作品は時代を超えますね。

セント・オブ・ウーマン

僕の大好きなアルパチーノ主演です。

盲目の退役軍人と言う役柄なので一切目を動かさないんですよ。本当に。

あれ?アルパチーノって元々目が見えないんだっけ?と勘違いしてしまうほどの演技です。

見どころはタンゴのシーンと終盤の演説。

鳥肌もんです。本当にかっこいい。

きっと、うまくいく

皆さん、インド映画っていうとやたら踊ってばっかでストーリーないんじゃないの?て思ってませんか?

まあ確かに踊るのは踊ります。ただ、ストーリーはしっかりあります。

特にこの「きっと、うまくいくは」インド映画代表と言ってもいいくらい面白いです。3時間とかなり長いですが。

インド社会が抱える問題も浮き彫りになってきます。

オーロラの彼方へ

時間を弄っちゃう系のお話。

家族愛がメインですがサスペンス要素も含まれており飽きが来ません。

Yahooの株を買っとけのシーンは笑いました。

僕も同じこと言うだろうな~。

生きてこそ

実話を基にした映画。

旅客機事故で雪山で遭難してしまった彼らは非常に難しい決断をし生き延びることを決意した…

これは本当に難しい問題で、部外者がとやかく言っていい事でもないと思います。

極限状態に置かれた彼らが下した決断に僕は文句を言えません。

ウルフ・オブ・ウォールストリート

実在する証券マンの度肝を抜くような生活が描かれています。

ぶっ飛んでてとても面白いです。

ああいう人は他の仕事でも大成功するんだろうな~。

ビューティフル・マインド

実在した天才数学者の反省を描いた作品。

彼は今でいう統合失調症を患ってしまいそれとの闘いが物語の大部分を占めています。

天才には天才なりの苦労があるんだろうなと感じました。

イントゥ・ザ・ワイルド

大学生の主人公はある日ふと思い立ち自分探しの旅に出ることにする。

ここからはアメリカの雄大な自然が映し出され、本当に見ていて心が浄化されます。

いつかこんなところを旅してみたいなーて思いました。

そして極めつけは僕が大好きなクリステン・スチュワートが出てきます。最高✌

実話を基にした映画なのでラストはその通りに終わります。

どう終わるかはご自身の目で確かめてみてください。

ビッグ・フィッシュ

タイトルだけ見たら「大きい魚」って何だよって感じですが実際は心温まるヒューマンドラマです。

ティムバートン監督と言うファンタジーな世界観を撮らせたら右に出る者はいない監督が取っているのでとってもファンタジーです。

それがまたいいんですよ。ワクワクしちゃいます。

ちなみに闇落ちする前のベラトリクスレストレンジが出ています。

告発

これはもうなんというか息が詰まりそうなヘビーなどんよりとするような映画です。

軽い気持ちで見るようなタイプの映画ではないですがとても見ごたえがあります。

皆さんも名前なら聞いたことがあるであろう、アルカトラズ刑務所。

そこで実際に起きた話です。事実は小説より奇なりと言いますがまさにその通りですね。

ウェット・ホット・アメリカン・サマー

見る手段が少なくてなかなか大変です。

前まではNetflixで配信してくれていたのですが…

サマーキャンプの最後の一日を描いた作品。たったそれだけなのですが本当に面白いです。

こういうアメリカの青春映画は憧れるけど僕がこの世界に入っても青年Aで終わるんだ追うな。

駆け出しのブラッドリークーパーとポールラッドが出演しています。

1日1回、よろしくお願い致します( `・∀・´)ノヨロシク
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ches

社会人2年目。アーリーリタイアを目指し、若いうちからコツコツと投資を。映画とゲームとサッカーをこよなく愛するため、それらの情報をたまに発信するかもしれません。

-映画

© 2024 LibeLife